WebRelease

WebReleaseは、商用CMSとして多数の導入実績を誇る純国産CMS(コンテンツ管理システム)です。
他のCMSと比較して、デザイン上の制約がない自由なテンプレート設計が可能なため、非常に柔軟な機能とスケーラビリティを実現することができます。
1ライセンスで複数サイトの管理が可能なこと、ユーザー数によってライセンス料金が変わらないことなどから投資対効果(ROI)が高く、コストの面でも魅力的な製品です。

WebReleaseの主な特徴

WebRelease
  • マルチデバイス対応(PC・スマートフォン・携帯サイト等)
  • テンプレートはプログラミング不要。HTMLと拡張タグを組み合わせて、自由に作成可能
  • コンテンツデータとテンプレートのリポジトリを別々に管理
  • 静的ページを生成し、FTPを使って公開サーバに配信するため、公開サーバ側にソフトウェアのインストールは不要。社内セキュリティ、ガイドラインへの適合も容易
  • RDBを使わないため、定期的なバックアップ以外、メンテナンス作業は不要
  • サイト数・ユーザ数・CPU(コア)数が無制限
    Enterprise Editionはページ数も無制限

課題解決

  • HTMLの知識を持つスタッフがいないが、社内で更新管理をしたい
    ⇒WebReleaseは要素別に入力ができ、テンプレートにコーディングしておけばHTMLの知識なしにページの更新が可能になります。
  • 同じワイヤーフレームをもつページが多数あり、サイトを効率よく運用したい
    ⇒一覧ページの自動更新や上層からのリンク更新など、更新の手間を減らす場合に有効なソリューションです。
  • 複数の部門間で更新作業をおこない、承認フローが複雑
    ⇒複数の「承認プロセス」と「承認ステップ」を設定することで、複雑な承認フローに対応が可能です。
    また、遅延警告をメールで発送もでき、処理忘れを防ぎます。
  • レンタルサーバーを利用しており、CMSを導入できない
    ⇒WebReleaseは静的なファイルをFTPしますので、CMSサーバーを社内に設置し、そこからレンタルサーバーにFTPできます
    また、不慮の事故などで公開サーバーにトラブルがあっても、FTPし直すことですぐに復旧できます。

メディアプローブのCMS支援サービス

  • 現状分析
    現状のサイトやリニューアル後のサイトについての分析調査、ヒアリング
  • 情報設計
    分析をもとに、利用者のファインダビリティに優れたサイトの情報設計
  • CMS設計
    効率的な運用、およびスケーラビリティを実現するためのCMS設計
  • 適切なCMSの選定
    要件によって、適切なCMSのご提案
  • テンプレート開発
    納品後、お客様が運用しやすいテンプレートの開発
  • 運用支援
    運用マニュアル作成、トレーニングの実施

導入事例

アウディジャパン株式会社様 Audi Japan Press Center
サイトリニューアルに際してCMSをWordPressからWebReleaseに移行しました。静的配信によりセキュリティの強化とレスポンス向上を実現できました。

レスポンシブWebデザインでスマートフォンやタブレットからのアクセスにも対応。ドイツ本社とは異なるCMSを採用しましたが、デザインやコーディングに制約が無い、自由度の高いCMSを採用することで、デザインガイドラインを厳密に遵守したUIを提供することができました。

非常に複雑な情報構造を持つサイトですが、WebReleaseの柔軟性により難なく実装を行うことができました。
詳細を見る
Yahoo! リスティング広告 ラーニングポータル
Yahoo! JAPANをはじめとする大手サイトに、テキスト広告を掲載できる「Yahoo! リスティング広告」。そのノウハウをWebで学習することができるラーニングポータルのリニューアルを弊社で担当いたしました。
詳細を見る
医学文献検索サービス「メディカルオンライン」
医学文献の検索全文閲覧をはじめ、医薬品・医療機器・医療関連サービスの情報を幅広く提供する、会員制の医学・医療の総合サイト「メディカルオンライン」のサイトリニューアルを実施させていただきました。
詳細を見る
※WebRelease は株式会社フレームワークスソフトウェアの登録商標です。