Skip to content

19 Comments

  1. imsuten wrote:

    ドイツは電子書籍のほうが安く見えますが・・・。
    Amazon.{de,fr,co.uk}をみると、イギリスだけ電子書籍が高く、大陸だと紙版が高いようです。
    島国とかユーロ加盟国とかいろいろ理由は付けられそうですが、まぁよくわからないですね。出版業界の体質が影響してるのかもしれません。

    木曜日, 11 月 17, 2011 at 23:04 | Permalink
  2. fujimura wrote:

    ご指摘ありがとうございます。誤りを訂正・表示させていただきました。

    金曜日, 11 月 18, 2011 at 09:01 | Permalink
  3. 佐々木 章 wrote:

    「ビューティフィケーション」同感です。
    Webデザインの自由度が極めて高いのに!
    これまではWebデザイナーが主体でしたが、グラフィックデザイナーが、その領域を浸食するようになると変わっていくかも知れません。紙媒体の仕事が激減して活躍の場がめっきり少なくなっているので彼らも必死です。

    水曜日, 5 月 30, 2012 at 13:59 | Permalink
  4. fujimura wrote:

    佐々木さま、
    記事を執筆した藤村です。コメントありがとうございます。
    デザイナーの方々にも、取り組むべき新しい領域が生まれていると思います。
    さまざまな立場から“デザイン(この定義も流動化していると思いますが)”が活性化して欲しいものです。

    水曜日, 5 月 30, 2012 at 15:39 | Permalink
  5. 斉藤 克明 wrote:

    googleの検索力が弱まってきて、サイトの作り方もSEO的な観点から脱却しつつあると思います。興味によってつながるSNSが話題の中心になるからで、そういった中で、サイトにおけるデザインの重要性は増してきているように思います。プログラマーとデザイナーの定義が変わっていくかもしれませんね。

    木曜日, 5 月 31, 2012 at 15:12 | Permalink
  6. fujimura wrote:

    斉藤さま、

    コメントありがとうございます。記事を書いた藤村です。
    > プログラマーとデザイナーの定義が変わっていくかもしれませんね。
    大いに賛成です。実際、「デザイナー」と呼ばれる方々の必須スキルにJavaScriptなどが含まれているケースが多くなっています。
    スキルもそうですが、考え方も変わっていくのだろうと思います。改めてその辺りは記事を書いてみたいと思います。

    月曜日, 6 月 4, 2012 at 12:44 | Permalink
  7. Taro Aihara wrote:

    http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2012/04/02/2-0/の記事を見させていただきました。そこで質問です。「同社の印刷およびデジタル版を合わせた購読者が全世界で 150 万人(ABC 公査結果)となり、かつ、デジタル版購読者が印刷版購読者を上回るという、将来に明るい展望を持つメディアとしてリーダー的地位についている」とありますが、デジタル版購読者数と印刷版購読者数を教えていただけませんか?日本語でお願いします

    日曜日, 7 月 1, 2012 at 10:15 | Permalink
  8. fujimura wrote:

    お問い合わせいただきありがとうございます。
    お問い合わせ箇所は、リンクを示した通りFOLIOの記事を参照しています。
    「The Economist has a global circulation of 1.5 million, which includes print and digital figures, according to an Audit Bureau of Circulations July-December 2011 report」とあるとおりです。
    これに相当する日本語記事は見あたりませんでした。ご了承下さい。

    日曜日, 7 月 1, 2012 at 21:52 | Permalink
  9. Taro Aihara wrote:

    わかりました。ありがとうございます

    月曜日, 7 月 2, 2012 at 10:22 | Permalink
  10. Taro Aihara wrote:

    卒業研究で新聞について研究している者です。ウォールストリートジャーナル電子版の有料会員数は100万人以上いるとありますが、2012年3月では電子版部数は552,288部だそうです。どう違うのでしょうか

    木曜日, 7 月 5, 2012 at 17:42 | Permalink
  11. Noriyo Asano wrote:

    USメディア関連では、USA Todayがロゴまで一新する大リニューアルの準備中ですね。以下でオープンベータ版として試用できます。
    http://beta.usatoday.com/
    かなり大胆にデザインが変わるので、既存ユーザーにどう評価されるのか興味深いところです。
    右上のアイコンで切り替えできる「Cover view」などは明らかに、タブレットや今後さらに増えるタッチパネル式PC向けに用意されたUIですね。マルチデバイスへの対応はもう当たり前のものになってきた感があります。

    水曜日, 9 月 19, 2012 at 13:17 | Permalink
  12. fujimura wrote:

    USA Todayは、本紙とともにサイトリニューアルですから、新しい時代を感じさせる展開です。ユーザー体験を共通化させたいというコンセプトでしょうか。新聞も取り寄せて検討してみたいと思っていたところです。

    水曜日, 9 月 19, 2012 at 15:58 | Permalink
  13. Noriyo Asano wrote:

    以下の記事で、新しい紙面の写真なども豊富に紹介されています。
    http://www.underconsideration.com/brandnew/archives/usa_today_for_tomorrow.php
    ちなみにこのBrand Newというニュースサイト、ブランディング戦略に特化した非常に詳しいレビューで定評があるようです。お気に入りサイトの一つです。

    木曜日, 9 月 20, 2012 at 09:03 | Permalink
  14. fujimura wrote:

    ありがとうございます。参考になります。

    木曜日, 9 月 20, 2012 at 09:16 | Permalink
  15. 石田雅彦 wrote:

    藤村 さま

    私、アゴラ
    http://agora-web.jp/
    でサイト管理をしております
    石田雅彦と申します。

    突然のメールで恐縮ですが、
    当ブログのへ藤村さまのブログ

    「Blog on Digital Media」
    より記事の転載をお願いできませんでしょうか。

    ご了解いただければ、
    その都度、掲載を希望したい記事をお伝えし、
    当該記事をこちらでコピーして転載し、
    ヒロさまのブログへのリンクを付け加えておきます。
    例:http://agora-web.jp/archives/1426570.html

    eメールへお返事いただければ幸いです。
    以上、よろしくご検討のほどお願いします。

    +*+*+*+*+*+*+*
    株式会社アゴラ研究所
    石田雅彦
    〒101-0047
    東京都千代田区内神田2-14-3
    Tel 03-5209-0094
    URL: http://agora-web.jp/
    +*+*+*+*+*+*+*

    日曜日, 9 月 30, 2012 at 10:02 | Permalink
  16. fujimura wrote:

    ご連絡ありがとうございます。藤村です。別途メールにてご連絡をさせていただきます。よろしくお願いします。

    月曜日, 10 月 1, 2012 at 09:46 | Permalink
  17. build wrote:

    「第三者配信」とは何か、も分からずによくこんな偉そうなこと言えますね・・

    火曜日, 7 月 23, 2013 at 16:16 | Permalink
  18. 渡邉桂子 wrote:

    第三者配信サーバには
    【広義】=当事者(媒体)サーバ以外のサーバから配信されるという意味でアドネットワーク、DSPなどを含む配信

    【狭義】=キャンペーンマネジメントプラットフォームとしてアドネットワーク、DSP、プレミアムを含めてプライベートネットワークのごとく一元的に管理する配信
    があり、本記事については広義の意味合いを指しているのではないかと思います。
    ただ、現在ブランド側が「第三者配信」と言われる時は狭義の意味合いを指すことが多く、記事でご指摘されているようなブランドロイヤリティの低下を避けるべくアドベリフィケーションの技術を組み合わせて利用されていますのでそのあたりについても今後記事にしていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いいたします。
    (誤植がありましたので再送しました)

    金曜日, 7 月 26, 2013 at 17:45 | Permalink
  19. fujimura wrote:

    ご指摘ありがとうございます。参考にさせて頂きます。
    藤村厚夫

    水曜日, 7 月 31, 2013 at 21:15 | Permalink

12 Trackbacks/Pingbacks

  1. 2012-01-14のTwitterログ | 志の輪、広げよう。 on 月曜日, 1 月 16, 2012 at 00:35

    [...] あるいは、予言者への道か??「雑誌の本質」についての二つの論 http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2012/01/11/463/ posted at [...]

  2. Daily Digest for April 29th | Serendipity on 月曜日, 4 月 30, 2012 at 01:34

    [...] [...]

  3. [...] [こちら] で日本語でまとめてくれています。感謝です。 [...]

  4. [...] Blog on Digital Media › 読書体験を拡張する??ごく私的な試論としてという面白いブログを読んで感化されただけなんだけど、電子書籍界隈のエコシステムを考える上で、コンテンツに関わる特性もさることながら、それを読むデバイスの特徴にも考えを巡らせれば、さらに広大な電子書籍の未来があるんじゃないかと思った次第。 [...]

  5. [...] http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2012/09/17/new-york-times/ [...]

  6. [...] くわしくは、こちら。 『ストリーム型メディアの勃興 Webメディアの転換点』 http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2012/08/20/web-2/ [...]

  7. [...] by admin on 1月 7, 2013 in 口コミ | 0 comments http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2013/01/07/publ…; tx urashinjuku [...]

  8. [...] (続きを見る…) This entry was posted in テクノロジー by admin. Bookmark the permalink. [...]

  9. [...] (続きを見る…) This entry was posted in テクノロジー and tagged media, web, あとでみる. Bookmark the permalink. ← 10代のユーザビリティ: ティーン向けウェブサイトのデザイン – U-Site エロゲのUSB移行を考える | DEAMON-ダイモンのブログ- → [...]

  10. [...] 1 4月 2013   | 情報 http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2013/04/01/google/ 跡部 徹 atobeck [...]

  11. [...] by admin on 5月 7, 2013 in 口コミ | 0 comments http://mediaprobe.co.jp/blog/digitalmedia/2013/05/07/3475/ 跡部 徹 atobeck [...]

  12. [...] (続きを見る…) This entry was posted in テクノロジー and tagged marketing, media, seo, アプリ. Bookmark the permalink. ← Google、Google+ Sign-Inを利用するアプリに無料SEO支援中! | SEO Japan 名古屋を食べ尽くせ!!名古屋めし食べ歩きツアー・朝食編 コメダ珈琲 | Feelingplace → [...]