『The Mobile Frontier』読書会資料をスマートフォン向けに作ってみました

シニアインフォメーションアーキテクトの浅野です。
このブログではしばらくご無沙汰しておりましたが、その間にWebデザインの世界では、“モバイルファースト”の概念がかなり浸透してきました。それに伴い、モバイルデザイン関連の書籍も続々と出てきていますね。

中でも注目の一冊、現在はNokiaの研究所でシニアリサーチャーとして活躍している Rachel Hinman 著『The Mobile Frontier』の読書会が、明日開催されます。このイベントの企画は、私も参加しているFacebookの「uxtokyo」グループで進められてきました。ところが、発起人の一人だった自分が事情により参加できなくなってしまったので(すみません…)、せめて作成した資料だけでも、公開しておきたいと思います。

浅野が担当するはずだったのは、本書の「Chapter 9: New Mobile Forms – Pioneering the Mobile Frontier」です。最終章にふさわしく、これからのモバイルの世界を見晴らし、その境界を広げていこうとする著者の意気込みが伝わってくる、そんな内容です。

読書会の資料は、今まで普通のプレゼン資料のようにPowerPointなどで作っていたのですが、今回はモバイルがテーマということもあり、ちょっと趣向を変えてスマートフォン向けのマイクロサイトにしてみました。こんな感じです。

新たなモバイルのかたち

わかる方にはすぐおわかりの通り jQuery Mobile でさっくり作っただけなので、見た目はほぼノーデザインという感じですが、そこは大目に見ていただければありがたいです :)

ごく簡単なまとめではありますが、ご興味のある方はスマートフォンで http://bit.ly/mbfr09 にアクセスしてみてください。
QRcode短縮URLでも入力が面倒だ!という方は、右のQRコードをどうぞ。
ちなみに、iPhoneでQRコードを読み取るにはソフトバンクモバイルの公式アプリ「お父さんQR」が便利ですよ。

というわけで、次回また面白そうな本の読書会があれば、ぜひとも参加できるよう願っています!

『デザイニング・ウェブナビゲーション』の読書会が開催されました

シニアインフォメーションアーキテクトの浅野です。
先日、私がコンセント株式会社の長谷川 敦士さんと監訳をさせていただいた書籍、『デザイニング・ウェブナビゲーション』をテーマにした読書会が開催されました。

Read more

ピーター・モービル「User Experience Deliverables」を翻訳しました

インフォメーションアーキテクトの浅野です。
私はIAとしての業務の傍ら、情報アーキテクチャやインタラクションデザインなどに関連する書籍やドキュメントなどの翻訳も行わせていただくことがあります。
翻訳とは、決められたゴールに到達して終わりというものではなく、やればやるほど奥が深くなる実に難しいものですが、それだけに醍醐味も大きいという、ある意味ウェブ作りにも共通するところがある作業です。
自分としては、どちらも同じくらい大好きな仕事です(笑)。

Read more

「DESIGN IT! Forum 2008」に参加してきました

インフォメーション・アーキテクトの浅野です。
昨日、ソシオメディア株式会社様主催のカンファレンス「DESIGN IT! Forum 2008」に参加してきました。
今回、海外から迎えられたスピーカーは、米国Adaptive Path社のインタラクションデザイナーであり、書籍『Designing for Interaction』(邦題『インタラクションデザインの教科書』)の著者でもある、ダン・サファー(Dan Saffer)。
Adaptive Pathという会社には、私が加入しているIAI(米国情報アーキテクチャ研究所)の主要メンバーたちが多数在籍しており、常日頃からメンバーMLでのディスカッションなどを通じて親しみを感じています。その一人であるダンが来日するからにはぜひとも直接話を聞きたい!と、この日を楽しみにしていました。

Read more