「コア+パス」デザイン手法についてのメモ

デザイニング・ウェブナビゲーションインフォメーションアーキテクトの浅野です。
弊社サイトのお知らせでお伝えいたしましたが、私が監訳のお手伝いをさせていただいた書籍『デザイニング・ウェブナビゲーション』が、先日発売されました。
多くの方に高い評価をいただき、関係者の一人としてとても嬉しく思っております。
ところで、UX関連書籍の専門パブリッシャーであるRosenfeld Mediaが、この本の著者であるジェームズ・カールバックのオンラインセミナーを実施するとのことで、それに先立つインタビュー記事がアップされていました。

Read more

ダン・サファーの最新著書『Designing Gestural Interfaces』、近日発売。

今年の夏にカンファレンスでの講演のため来日した、インタラクションデザイナーのダン・サファー(Dan Saffer)の最新著書『Designing Gestural Interfaces』が、O’Reillyから11月に発売となります。
来日当時は Adaptive Pathの一員だった彼はその後退社し、現在は数名の同志と Kicker Studioというデザインスタジオを運営しつつ、精力的に活動を続けているようです。
書籍発売を目前に控えて、プロローグと第1章のPDFファイルが公開されていますので、早速目を通してみました。
各章のタイトルはこんな感じです。

Read more

「DESIGN IT! Forum 2008」に参加してきました

インフォメーション・アーキテクトの浅野です。
昨日、ソシオメディア株式会社様主催のカンファレンス「DESIGN IT! Forum 2008」に参加してきました。
今回、海外から迎えられたスピーカーは、米国Adaptive Path社のインタラクションデザイナーであり、書籍『Designing for Interaction』(邦題『インタラクションデザインの教科書』)の著者でもある、ダン・サファー(Dan Saffer)。
Adaptive Pathという会社には、私が加入しているIAI(米国情報アーキテクチャ研究所)の主要メンバーたちが多数在籍しており、常日頃からメンバーMLでのディスカッションなどを通じて親しみを感じています。その一人であるダンが来日するからにはぜひとも直接話を聞きたい!と、この日を楽しみにしていました。

Read more